守島基博『人材マネジメント入門』を読む

人事担当者に必要なスタンスが書かれた良書 合理と非合理の間で 守島基博『人材マネジメント入門 日経文庫B76』は、人事担当者向けの本である。理論はなく実務が中心だ。2004年という書かれた時代もあってか「人を大事に」とい…

森博嗣『自由をつくる自在に生きる』を読む

君が決めるんだ 自由の獲得こそ人生の目的 森博嗣はコンクリートの研究者で『すべてがFになる 』でデビューしたミステリ作家でもある。速筆、多作であっという間に人気作家になり、今は隠居して鉄道模型を作っている。 その文章から…

山田ズーニー『おとなの小論文教室。』を読む

表現する自由 伝えると伝わるの違い ほぼ日で毎週水曜日に連載している山田ズーニー『おとなの小論文教室。』は、考えること、表現することを教えてくれる。 ズーニーさんは元々ベネッセで小論文の通信教育教材を企画編集していた方で…

「一に採用、二に人事異動、三に教育、四に小集団活動、五にイベント」リクルートではカオスを演出して組織を活性化してきた

組織活性化 組織活性化はきれいごとではない 前回は組織開発の領域を見ていったが、実際に組織を活性化させるということは、きれいごとではない。もっとドロドロした、汗と泥にまみれた葛藤の中にこそ、その原動力がある。 大沢武志『…