青山拓央『時間と自由意志』を読む

自由意志について論じた哲学書 自由とは何か こういう白くてシンプルで硬い本が好きだ。『時間と自由意志:自由は存在するか』は以前ご紹介した『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』の青山拓央が「自由意志」について論じた哲学書である…

森博嗣『自由をつくる自在に生きる』を読む

君が決めるんだ 自由の獲得こそ人生の目的 森博嗣はコンクリートの研究者で『すべてがFになる 』でデビューしたミステリ作家でもある。速筆、多作であっという間に人気作家になり、今は隠居して鉄道模型を作っている。 その文章から…

山田ズーニー『おとなの小論文教室。』を読む

表現する自由 伝えると伝わるの違い ほぼ日で毎週水曜日に連載している山田ズーニー『おとなの小論文教室。』は、考えること、表現することを教えてくれる。 ズーニーさんは元々ベネッセで小論文の通信教育教材を企画編集していた方で…

『尾崎豊』という存在

同世代には影響を受けた方も多いと思うが、私は特にそうだ。40歳を過ぎた今でも「17歳の地図」や「15の夜」を熱唱したりする。もう娘が15歳なのだが。 私が神妙な顔つきで黙りこんでいるときは、だいたい心の中の尾崎がシャウト…