與那覇潤『知性は死なない』を読む

知性は死なない アフォーダンスという能力観の刷新 與那覇潤『知性は死なない 平成の鬱をこえて』 希望をくれる本だった。 「知」を仕事にしていた大学准教授の筆者が、鬱病を患うことで知性というもっとも頼りにしていた「能力」を…

Q14.スタッフが主体的に動く組織の特徴は?

スタッフが主体的に動く組織 勉強会参加者の問い 今回で勉強会の質問シリーズは終了です。 最後の問いは、テーマ7.組織開発について、アカツキの採用をしている秋山さんから。 アルバイトスタッフなどの様々な雇用形態のメンバーが…

Q13.コミットできる組織目標の立て方は?

コミットできる組織目標 勉強会参加者の問い 今回はテーマ7.組織開発について、リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所の荒井さんからの質問です。 組織の共通目標を設定し、内在化して進めていくための組織開発手法…

『出現する未来 Presence』を読む

過程を書き残す価値 西洋の知性が東洋の知から学ぶ この『出現する未来 』は『学習する組織――システム思考で未来を創造する』のピーター・センゲ、『U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術』のオッ…

「一に採用、二に人事異動、三に教育、四に小集団活動、五にイベント」リクルートではカオスを演出して組織を活性化してきた

組織活性化 組織活性化はきれいごとではない 前回は組織開発の領域を見ていったが、実際に組織を活性化させるということは、きれいごとではない。もっとドロドロした、汗と泥にまみれた葛藤の中にこそ、その原動力がある。 大沢武志『…