十牛図とは何か

十牛図とは何か 十牛図は、仏教、禅において悟りに至る10の段階を示した(と言われている)10枚の絵です。 作者は中国北宋時代の臨濟宗禅僧、廓庵(かくあん)。 今回は趣向を変えて、文章ではなくスライドシェアです。

『出現する未来 Presence』を読む

過程を書き残す価値 西洋の知性が東洋の知から学ぶ この『出現する未来 』は『学習する組織――システム思考で未来を創造する』のピーター・センゲ、『U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術』のオッ…

鈴木大拙『禅学入門』を読んで座る

禅とは何か? 禅とは何かを知りたくて、鈴木大拙『禅学入門 (講談社学術文庫)』を手にとったのは2年前のことだ。 しかし、わからないのだろうなあ、という諦めが読む前からあった。それは禅に「不立文字(ふりゅうもんじ)」という…

河合隼雄を読む -人事コンサルの切断とこころ-

河合隼雄を読む 人の心などわかるはずがない 河合隼雄は、ユング心理学を日本に持ち込んだ心理学者だ。私がはじめて読んだのは小学生のころ、母の本棚にあった『こころの処方箋 』である。 一章のタイトルが「人の心などわかるはずが…

『龍樹』の縁起 -人と人の間にあるものが人間-

空とは、縁起とは何か? 大乗仏教の祖「龍樹」 『ゆかいな仏教』によれば、仏教にはドグマ(教義)がない。じゃあ何があるのか。 一切が空。 そう、仏教には『空(くう)』があるのだ。いま日本で普及している大乗仏教、その祖といわ…

佐々木閑 「100分de名著 般若心経」を読む

私は「般若心経」について、なんだか大きな誤解をしていたようだ。 般若心経という262文字の短いお経は、日本で一番読まれているのだそうだ。私も母方の実家で法事のたびに聞かされていて馴染みがあった。有名な「色即是空」というフ…