管理職として昇進しやすいのは「社交的で臆せず意見を主張し、革新的で思いきった決断をする」性格の人

リーダーの性格特性

 IMG_5207

リーダー向きの性格はない

前回は、リーダーシップ「行動」について考えた。では元来リーダーシップに向いているのはどんな人だろうか?今回も大沢武志『心理学的経営―個をあるがままに生かす』に教えてもらおう。

まず、大沢さんは「パーソナリティ特性とリーダーシップの間には、一貫した関係を単純には見出すことはできない。」と言っている。簡単に性格から適性を見出せると思ってはならないのだ。

たしかに現実に周囲を見渡しても様々なタイプのリーダーが、いろんなやり方でリーダーシップを発揮している。しかし。

しかし、限られた範囲内、例えば管理職という職務の中でなら、リーダーに求められる特性を議論することには意味がある。

アメリカのスタンダード石油会社で行われた「管理者早期発見計画(EIMP)」は有名である。この研究で、管理職としては情緒安定性と社交性が重要であることがわかった。

管理職 四つの性格因子

1969年、大沢さんたちリクルートは日本企業の管理職を対象に実証的研究を行った結果、下の四因子が見つかった。

  1. 情緒的な適応に関係する「性格的強靭性
  2. 積極性や指導性、攻撃性を示す「支配性
  3. 分析的で合理的な判断を好む「決断性
  4. 対人適応性を示す「社交性

化学メーカーH社他でその妥当性は検証され、業績評価の高いグループの方が低いグループよりも四つの性格因子の得点が高かった

そして指向

管理職を対象に、自分の適性をどう見ているかについて自己申告をしてもらうという実験を試みた結果、自分の適性を管理職型と申告したグループが、専門職型と申告したグループと明確な差が見出された(下図参照)。

image
自己申告のタイプと管理者適性の得点(心理学的経営より)

その人自身の 指向は適性を論じる上で欠かせないポイントとなるのだ。

管理職適性検査の追跡調査

リクルートマネジメントソリューションズの管理者適性検査「NMAT」は前述の研究の上で作られている。この適性検査を受けた人が、その後どのくらい昇進昇格したかを調べた追跡調査の結果が公開されているので見てみよう(下図参照)。

image
管理者適性アセスメント追跡調査2011より

昇進度合いが高い人の性格特徴はこうだ。対人関係面「外向」「統率」「理性」「強靱」、課題解決面「変革」「大胆」の傾向が強い。つまり対人としては「社交的で集団の中でも臆せずに自分の意見を主張し、ものの筋を重視しながら、多少のことには動じない」タイプで、仕事への取り組みは「革新的で思い切った決断をする」タイプの人が、相対的に高い職位へ昇進昇格しているといえる。

今の日本企業の管理職に向いた性格

管理職に向いている(昇進昇格しやすい)性格というものは、どうやらありそうだ。しかしそれは、あくまでも今の日本企業での一律な管理職においての話である。これからは自律したプロフェッショナルが、もっとカラフルな個性が生きる時代が来るかも知れない。

次回は、自己理解と個性化について考えたい。

IMG_5208.JPG

image
テーマ6.人材開発

——————-
【Kindle版】人材マネジメントの壺

「人材マネジメントとは何か?」

50社以上の人事制度を作ってきた元リクルートの人事コンサルタント 坪谷邦生と、リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所 主任研究員 荒井理江が、体系的に分かりやすく紐ときます。

人材マネジメント Human Resource Management(HRM)を、基礎から学びたい方、体系的に理解したい方、しっかり持論を形成したい方、頭の中に目次を持ちたい方にオススメです。

テーマ1テーマ2テーマ3テーマ4テーマ5テーマ6テーマ7
【Kindle版】人材マネジメントの壺 テーマ1.HRM テーマ2.等級 テーマ3.評価 テーマ4.報酬 テーマ5.リソースフロー テーマ6.人材開発 テーマ7.組織開発
出版:壺中天 本文:坪谷邦生 挿絵:荒井理江