人材マネジメントの目的は、人を生かして組織のパフォーマンスを最大化すること

HRMの目的は何か?

このテーマ1.HRMではこれまで、人材マネジメント(HRM)の歴史のはじまり2つの側面という特徴効果的に行うポイントマネジャーという主体者について見てきた。

では改めて、HRMの「目的」は何だろうか?

image.jpeg

 

ウルリッチのHRチャンピオン

ディビッド・ウルリッチは『Human resource champions(1997年 邦訳MBAの人材戦略)』でHRMの提供価値を以下の4つだと言っている。

1.戦略を達成する
2.生産性の高い組織の仕組みを築く
3.従業員のコミットメントコンピテンシーを向上させる
4.組織の変革を実現する

 

守島基博の人材マネジメント

守島基博『人材マネジメント入門 日経文庫B76』では、人材マネジメントの役割は「人材を活用して、会社の戦略を達成し、さらに次の戦略を生み出す人材を提供すること」だと言っている。

より詳細に見たものが下図だ。「経営目標の達成」と「人間の価値向上」、それぞれに「短期」と「長期」があることが分かる。

image
人材マネジメントの提供価値(守島基博『人材マネジメント入門』を元に作成)

 

人材マネジメントの目的

どちらの定義においても『人を生かすことで、短期、長期の組織の成果(パフォーマンス)をあげる』ことが謳われている。

さて、レオ・レオニ「スイミー」という絵本がある。

小さな赤い魚たちと一匹だけ黒いスイミーは、大きな魚に怯えて自由に泳ぐことができない。

スイミーは考えた。
いろいろ考えた。
うんと考えた。

「ぼくが、めになろう」

赤い魚たちは集まって魚の形となり、スイミーはその目となる。一匹の大きな魚となった彼らは、自由に海を泳げるようになる。

スイミーは、自分とメンバーの特性を考え、個を生かすことで組織としてのパフォーマンスをあげたのだ。これこそが人材マネジメントだろう(魚材?)。

image
テーマ1.HRM

次回は、人材マネジメントの設計思想について。

——————-
【Kindle版】人材マネジメントの壺

「人材マネジメントとは何か?」

50社以上の人事制度を作ってきた元リクルートの人事コンサルタント 坪谷邦生と、リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所 主任研究員 荒井理江が、体系的に分かりやすく紐ときます。

人材マネジメント Human Resource Management(HRM)を、基礎から学びたい方、体系的に理解したい方、しっかり持論を形成したい方、頭の中に目次を持ちたい方にオススメです。

53F5F228-6CEC-422E-83B4-1B5CF3320B617EE8FAE8-0314-41C8-995B-AF5B02F35A10CA6341BC-B9CE-489B-92E6-E5631C12C3A5D84F605C-09B3-4B6D-B082-7E83A3D658A3

【Kindle版】人材マネジメントの壺 テーマ1.HRM テーマ2.等級 テーマ3.評価 テーマ4.報酬
出版:壺中天 本文:坪谷邦生 挿絵:荒井理江