「人」と「事」の両立が 「人事」という仕事

人と事の二側面

image

日本の個と組織の変遷

古野庸一 ・小野泉『「いい会社」とは何か (講談社現代新書)』では、日本の個と組織の変遷を下表のように見ている。平時には中長期を見据えた「人」への投資がなされていても、経済危機になると企業の成果「事」に向けて短期的に人をコマとして扱ってしまう。そしてまた経済的に余裕が出ると人に再注目する…。「人」と「事」の波は交互に襲ってくるのだ。

image4-e1492815303198.png
個と組織の関係の変遷(古野庸一・小野泉『いい会社とは何か』を元に作成)

アメリカHRM理論における二側面

1.「人」のモチベーションに着目したソフトバージョン

1940年代後半からMaslow, Herzberg, McGregorらが「自己実現」「やりがいのある仕事」といった論を展開した。

経済学ではBeckerが人的資本理論(Human Capital Theory)にて「人的資本への投資」が経済的効果をもたらすと実証した。

産業界でもQWL(Quality of Work Life)運動が広がり「職務拡大」や「職務充実」によって「ワークモチベーション」を高めようという動きが起きた。

これらの流れはネオヒューマンリレーションズ(組織心理・組織行動)と呼ばれ、StoreyはHRMの側面「ソフトバージョン」として説明した。ソフトバージョンでは、社員のモチベーションやコミットメントの向上によって、組織パフォーマンスを最大化するのだ。

 

2.「事」を戦略的に進めるための「ハードバージョン」

1970年代には多角化・ポートフォリオマネジメントなどの企業戦略論、1980年代にはPorterの競争優位論が登場し、人材マネジメントにもっと戦略的な視点が必要だと議論された。

StoreyはこれらをHRMの側面「ハードバージョン」として説明した。ハードバージョンでは、人的資源の活用によって組織パフォーマンスを最大化するのだ。

(1.2.の各理論は須田敏子『HRMマスターコース―人事スペシャリスト養成講座』を参考に記述した。)

 

「人」と「事」の両立が「人事」の仕事

守島基博は『人材マネジメント入門 日経文庫B76』 の中で、「戦略達成と人間の価値向上の両立が人事の役割」だと言っている。「一見対立する2つの価値の交差点で仕事をするのが人事」とも。

変わり続ける外部環境の中、人(ソフトバージョン)と事(ハードバージョン)の両側面を睨んで個と組織を支え続けるのが「人事」なのだ。

 

次回は、効果的な人材マネジメントについて考えたい。

image
テーマ1.HRM

——————-
【Kindle版】人材マネジメントの壺

「人材マネジメントとは何か?」

50社以上の人事制度を作ってきた元リクルートの人事コンサルタント 坪谷邦生と、リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所 主任研究員 荒井理江が、体系的に分かりやすく紐ときます。

人材マネジメント Human Resource Management(HRM)を、基礎から学びたい方、体系的に理解したい方、しっかり持論を形成したい方、頭の中に目次を持ちたい方にオススメです。

53F5F228-6CEC-422E-83B4-1B5CF3320B617EE8FAE8-0314-41C8-995B-AF5B02F35A10CA6341BC-B9CE-489B-92E6-E5631C12C3A5D84F605C-09B3-4B6D-B082-7E83A3D658A3

【Kindle版】人材マネジメントの壺 テーマ1.HRM テーマ2.等級 テーマ3.評価 テーマ4.報酬
出版:壺中天 本文:坪谷邦生 挿絵:荒井理江